ビジネス

「プーマ」のブランドアンバサダーに藤田ニコル

 プーマジャパン(PUMA JAPAN)は、新ブランドアンバサダーにモデルの藤田ニコルを起用した。

 藤田ニコルは1998年生まれ。2009年に新潮社が主催する「第13回ニコラモデルオーディション」でグランプリを獲得し、モデルデビューを果たす。現在は「ViVi」(講談社)の専属モデルを務めるほか、ファッションブランドの「ニコロン(NICORON)」のプロデュースを手掛ける。「普段から使っている『プーマ』と一緒にお仕事ができることがすごく嬉しい。もっとみんながトレーニングやスポーツに興味を持ってもらえるよう頑張りたい」とコメントした。

 プーマジャパンは「固定観念にとらわれず常に進化を追い求めるプーマが、独自のスタイルを持ち、カルチャーやファッションの第一線で活躍する藤田ニコルとパートナーシップを結ぶことで、個性的な両者の魅力を組み合わせた新たなスポーツファッションを発信していく」としている。

 またブランドアンバサダーには藤田ニコルのほかに、モデルで女優の浪花ほのかや鶴崎乃愛らの就任も決定した。これまでにはモデルのローラが国内のアンバサダーを務めていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら