ファッション

「スライ」が「プーマ」とコラボ 広告にバーチャルモデルのimmaを起用

 バロックジャパンリミテッドの「スライ(SLY)」は、「プーマ(PUMA)」とのコラボコレクションを9月6日に発売する。ファーストコレクションは「PUMA」のロゴやスライらしいビビッドなカラー配色が目を引くトップス、ワンピース、ジャケット、スカート、バッグ、スニーカーの計6 型を展開。バーチャルモデルの imma(イマ) を起用した広告ビジュアルをザ シェルター トーキョー(THE SHEL‘TTER TOKYO)表参道原宿店のビルボードに8月30日から掲出する。

 コレクションはボリューム袖のスエット(6490円)や、ルーズなシルエットのワンピース(6990円)など、東京のストリートシーンに着想を得たデザインがベース。ミディ丈・チェック柄のスカート(8490円)などもラインアップし、「スライ」らしいガーリーテイストもミックスさせた。ナイロン素材のジャケット(10990円)やポイントで効かせるイエローなど、「プーマ」のスポーティーな要素も取り入れた。随所にあしらったキャットロゴもアクセントになっている。

 Immaはピンク色のボブヘアーをトレードマークに、アーティストとのコラボやファッション雑誌のモデルなど活躍の場を広げているバーチャルモデル。ビジュアルでは、immaが今回のコラボアイテムのスエットをショルダーバッグ(6990円)とともに着こなし、ポージングを決める姿を収めた。「WWDジャパン」4月29日・5月6日合併号「令和へ持っていく平成ファッション」特集号でも表紙を務めた。ビジュアルのディレクションは「ナイロン ジャパン(NYLON JAPAN)」編集長の戸川貴詞氏が務めた。

 コラボアイテムの購入者には、先着でクリアバッグをプレゼントする。「スライ」直営店、「ザ シェルター トーキョー」東急プラザ表参道原宿店、マウジープラス(MOUSSY+)店およびバロックのEC「シェルター ウェブストア(SHEL’TTER WEB STORE)」で取り扱う。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら