ファッション

「ラコステ」の新メンズ・デザイナーは「ヘルムート ラング」から

 「ラコステ(LACOSTE)」は10月21日付で、メンズ・ファッションショーとグローバル・コラボレーションを担当するディレクターにマーク・ハワード・トーマス(Mark Howard Thomas)を任命した。トーマスは「ヘルムート ラング(HELMUT LANG)」を去り、本拠地のニューヨークからパリへ戻って「ラコステ」のクリエイティブ・ディレクターのルイーズ・トロッター(Louise Trotter)と共に活動する。トロッターはトーマスの元同僚でもあり、昨年10月に「ラコステ」で女性として初のクリエイティブ・ディレクターに就任している。

 トーマスは2年前にニューヨークで「ヘルムート ラング」のメンズウエアのクリエイティブ・ディレクターに就任し、1月に発表された自身初となるコレクションの評判は上々だった。トーマスは自身のインスタグラムの投稿でパリに戻ってきたことを認めており、別の投稿では「この2年間、ニューヨークの『ヘルムート ラング』で素晴らしい経験をすることができた。お世話になった方々、特にあのような情熱と創造性を持って共に働いたチームのみんな、ありがとう。このブランドでみんなと働けたことを誇りに思う」とコメントしている。

 トーマスはセント・マーチン美術大学(Central Saint Martins)を卒業した後、ミラノのニール・バレット(Neil Barrett)のもとで経験を積み、「ジバンシィ(GIVENCHY)」でリカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)のもとで働いた後に「ジョゼフ(JOSEPH)」に加わった。

 「ラコステ」がメンズウエアのクリエイティブ・ディレクターを別個に任命したのは初めてのことだが、追加の情報提供は行わないという。トロッターとトーマスは「ジョゼフ」でロンドンを拠点に4年間一緒に働いた経験があり、トロッターは2009年から18年まで同ブランドのクリエイティブ・ディレクターを務めていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。