ファッション

「ラコステ」に初の女性クリエイティブ・ディレクターが就任

 「ラコステ(LACOSTE)」は10月4日、イギリス人女性のルイーズ・トロッター(Louise Trotter)をクリエイティブ・ディレクターに起用すると発表した。5月に退任したフェリペ・オリヴェイラ・バティスタ(Felipe Oliveira Baptista)=元クリエイティブ・ディレクターの後任となる。「ラコステ」のクリエイティブトップに女性が就任するのは初めてで、2019-20年秋冬パリ・ファッション・ウイークで初のコレクションを発表する。

 トロッター=新クリエイティブ・ディレクターは、9年間在籍したオンワードホールディングス傘下の英「ジョゼフ(JOSEPH)」のクリエイティブ・ディレクターを8月末に去ったばかりだった。「ジョゼフ」では、19年プレ・フォールがトロッター最後のコレクションとなる。

 ラコステグループのティエリー・ギベール(Thierry Guibert)=最高経営責任者(CEO)は「ルイーズをわれわれのブランドに迎えられることをとても嬉しく思う。彼女が持つハイレベルなクリエイティブセンス・ノウハウを通して完璧なシルエットをつくり出す力と、服に対するラインや素材への卓越したアプローチは、われわれのコレクションラインをより高める真の財産となっていくだろう」とコメントしている。

 また、トロッター=クリエイティブ・ディレクターは「独自の伝統を持つフランスブランドの『ラコステ』に関われることは非常に光栄。 85年にわたり、 時代と共に進化し続けているスタイルは、 スポーツとファッションという特殊な組み合わせによって作り上げられている。ブランドの歴史における新たな1ページを描けることをとても誇りに思う」と語っている。

 前任のバティスタは、10年から「ラコステ」のクリエイティブ・ディレクターとしてブランドをけん引した。売上高を09年の10億ユーロ(約1320億円)から16年には20億ユーロ(約2640億円)にまで倍増させた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら