ファッション

「アンリアレイジ」の森永邦彦が2020年ドバイ万博日本館公式ユニホームをデザイン 協賛は東レ

 「アンリアレイジ(ANREALAGE)」デザイナーの森永邦彦は、2020年10月10日に開幕するドバイ万博で日本館のアテンドが着用する公式ユニホームをデザインする。制作にあたり協賛パートナーとして東レがサポートする。

 公式ユニホームには東レの高機能素材を活用するほか、ドバイや中東の文化要素を取り込んで、同イベントのテーマでもある“つながり”を表現する。デザイン詳細は2020年1月に発表を予定している。

 森永は「私たちは“日常・非日常・時代”のクロスオーバーを信念に洋服づくりを続けてきた。そのブランドの信念を生かし、世界中の文化が交差する万博の場で、あらゆる境界を越境し、既成概念に捉われない制服を目指したい」とコメントした。

 ドバイ万博のテーマは“Connecting Minds, Creating the Future(心をつなぎ、未来を創る)”。日本館は“地球交差点 出会う・共感する・そして動き出す”をテーマに、次世代を担う人々や企業のアイデアの交差によって生まれる新しい価値観の創出を目指して出展準備を進めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら