ニュース

「メゾン マルジェラ」の“タビ”スリッポンも 伊勢丹新宿でジェンダーレスな商品を集めたポップアップ

 「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」は8月14〜20日、ジェンダーレスのウエアとアクセサリーにフォーカスした期間限定店“Discover the wardrobe and accessories for gender nonconformits”を伊勢丹新宿本店本館1階のザ・ステージに開く。2019年プレ・フォール・コレクションの位置付けである19年秋冬アヴァン・プルミエール・コレクションから、従来のジェンダーやアイデンティティーの概念にとらわれない“ジェンダー・ノンコンフォーミスト”という新たな価値観を取り入れた商品をそろえる。

 日本の伝統的な足袋から着想したシューズシリーズ“タビ”にもフォーカスする。“タビ”ブーツは1989年春夏でウィメンズシューズとしてデビューしたが、2017-18年秋冬にはメンズモデルが登場。現在はクチュールに相当する“アーティザナル”でも取り入れられている。同店では“タビ”シリーズから、サイズ次第で男性も女性も着用可能なスニーカー(35〜45サイズ)やスリッポン(35〜44サイズ)なども紹介する。

 伊勢丹新宿本店の限定商品として、ハンドバッグの“5AC”やスモールレザーグッズ(革小物)のウォレット、フラグメントケースなどを限定カラーのネイビーブルーで販売する。 

 ポップアップストアの空間は、オランダ人建築家アンヌ・ホルトロップ(Anne Holtrop)率いるStudio Anne Holtropがデザインを担当。ナチュラルホワイトを基調に、厚いウールフェルトを用いた内装で、切りっぱなしや非対称の歪みなど、「メゾン マルジェラ」のデザインのテクニックを反映させている。

■Discover the wardrobe and accessories for gender nonconformists
日程:8月14〜20日
場所:伊勢丹新宿本店本館1階=ザ・ステージ
住所:東京都新宿区新宿3-14-1

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら