ファッション

坂部三樹郎監修の「ギディー」、家入一真のNOWや赤坂優らから3100万円を調達

 シューズブランド「ギディー(GIDDY)」を展開するFOOLS(東京、金丸拓矢社長)はこのほど、家入一真の投資会社NOWとドリコム社長の内藤裕紀氏、佐藤裕介hey社長、婚活アプリ「ペアーズ(Pairs)」創業者で個人投資家の赤坂優氏への第三者割当増資で3100万円の資金調達を行った。「ギディー」はファッションデザイナーの坂部三樹郎が監修するシューズブランドで、製造ではソールに3Dプリンター、アッパーのニット素材化の研究開発を進めることで生産にかかるリードタイムをミニマイズする一方、インスタグラムやツイッターを駆使して受注生産するD2C(顧客直結型)ブランドを目指している。

 FOOLSは携帯電話向けの占いコンテンツで知られるザッパラス出身で、DMM.comでファッションテック事業などを手掛けた金丸拓矢氏が今年3月に創業。FOOLS(愚か者たち)という社名は、“何者でもなく、何者にもなれる可能性がある、未完成で危なげなだが意志と希望を持ったチーム”という意味を込めて付けたという。

 「ギディー」は7月30日にオンラインストアをスタート。一部のアイテムは完売となっており、インスタグラムのアカウントを通じて海外を含めたさまざまなブランドや企業からコラボレーションのオファーがあるという。調達した資金は商品開発とマーケティングに投じる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら