ファッション

「メゾン マルジェラ」が阪急うめだ本店のウィンドーをジャック ジェンダーレスの商品をそろえた期間限定店

 「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」は6月19〜30日、ジェンダーレスのウエアとアクセサリーにフォーカスした期間限定店“Discover the wardrobe and accessories for gender nonconformits”を阪急うめだ本店1階コトコトステージ11に開く。従来のジェンダーやアイデンティティーの概念にとらわれない“ジェンダー・ノンコンフォーミスト”という新たな価値観を取り入れた商品を取りそろえる。

 店頭では2019年プレ・フォール・コレクションの位置付けである19年秋冬アヴァン・プルミエール・コレクションのアウターやニットをはじめ、アイコンシューズの“タビ(Tabi)” やアイコンバッグの“グラムスラム(Glam Slam)” 、ユニセックスのスニーカーの“レトロ フィット(Retro Fit)”、スモールレザーグッズなど雑貨のバリエーションを豊富にそろえる。

 阪急うめだ本店限定商品として、ダークグレーのハンドバッグ“5AC”スモール(20万8000円)、財布(4万9000〜7万8000円)、カードケース(3万4000円)なども販売する。

 6月19日〜7月8日までの期間には、同館1階コンコースのウインドーをジャックする。オランダ人建築家アンヌ・ホルトロップ(Anne Holtrop)率いるStudio Anne Holtropがデザインしたインテリアとともに、メンズとウィメンズの合同ショーとして披露した最新の19-20年秋冬のコレクションピースをディスプレー予定。同期間、限定店の内装も同じくホルトロップによるインテリアデザインを取り入れる。

■Discover the wardrobe and accessories for gender nonconformist
日程:6月19〜30日
場所:阪急うめだ本店1階コトコトステージ11
住所:大阪府大阪市北区角田町8-7

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら