ファッション

「バーバリー」がモノグラムコレクションを発表 ビジュアルにジジ・ハディッドを起用

 「バーバリー(BURBERRY)」は、ブランド初のモノグラムコレクションを発表した。

 メインモチーフとなるのは、英グラフィック・デザイナーのピーター・サヴィル(Peter Saville)が、創業者トーマス・バーバリー(Thomas Burberry)のイニシャルから着想を得て作った新ロゴ「トーマス・バーバリーモノグラム」。リカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)=チーフ・クリエイティブ・オフィサーのもと、サヴィルがデザインしたこのロゴをあしらったアイテムを幅広いカテゴリーで展開する。

 キャンペーンビジュアルには、モデルのジジ・ハディッド(Gigi Hadid)を起用。ビジュアルには、ジジが扮するレディ、ガール、ジェントルマン、ボーイの4人のキャラクターが登場する。

 5月22日から、「バーバリー」新宿店など一部店舗および公式オンラインストアで順次販売する。また、発売を記念して、伊勢丹新宿本店と阪急うめだ本店で、同コレクションの世界観を表現したポップアップストアを6月12〜18日に開く。

■ポップアップストア
日程:6月12日~6月18日
場所:伊勢丹新宿本店本館1階 ザ・ステージ
住所:東京都新宿区新宿3-14-1

日程:6月12日~6月18日
場所:阪急うめだ本店3階 イベントスペース2
住所:大阪府大阪市北区角田町8-7

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら