ニュース

「バーバリー」銀座店が「ボッテガ・ヴェネタ」跡に移転

 「バーバリー(BURBERRY)」は今秋、旧「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」銀座店のスペース(中央区銀座2-5-14銀座マロニエビル)に銀座店を移転オープンする。現在の「バーバリー」銀座マロニエ通り店(中央区銀座3-3-1ZOE銀座)と同じマロニエ通り沿いで、数十mの距離の移転となる。移転によりスペースは約3倍に広がると見られる。

 同ブランドは、マルコ・ゴベッティ(Marco Gobbetti)=バーバリー最高経営責任者(CEO)の下、2019年春夏シーズンからリカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)をチーフ・クリエイティブ・オフィサーに迎えてブランドの刷新を進めており、日本市場でも今春は新規出店や既存店リニューアル、ポップアップストアの連打で攻勢をかけている。3月27日に伊勢丹新宿本店本館に新規出店し、29日には表参道旗艦店を新コンセプトでリニューアルオープンした。

 表参道旗艦店は地下1階〜地上3階の4層で、フロアによりベージュ色の“ハニー”、ピスタチオグリーンなど壁面のカラーを変え、随所に新ロゴ使いのアイテムを展開するなど新しいブランドイメージの認知を促している。メンズとウィメンズ、ウエアとアクセサリーをトータル展開しており、スペースが拡張する銀座店も同コンセプトでフルラインアップの展開になるようだ。なお、「ボッテガ・ヴェネタ」は銀座店を2018年12月8日に銀座・晴海通り沿いに移転オープンしている。