ビジネス

「バーバリー」が脱プラスチック宣言 2025年までに

 「バーバリー(BURBERRY)」は2025年までにプラスチック包装を廃止し、使用する場合も再利用、再生、もしくは分解可能なものに限定する。これは循環型経済を推進する英エレン・マッカーサー財団(ELLEN MACARTHUR FOUNDATION)が発表した“新プラスチック経済グローバルコミットメント(New Plastics Economy Global Commitment)”構想に関するレポートで判明した。同社はすでに紙袋のラミネート加工やポリエチレン製の衣類カバーなどの使用を廃止しており、プラスチックの使用量を29トン削減している。また19年末までに現在使用しているハンガーやラッピング材、ポリ袋などを環境にやさしい製品に変更するほか、ハンガー回収プログラムを実施してリサイクルを促進するという。

 こうした脱プラスチックの動きは世界中で進んでおり、ユニリーバ(UNILEVER)、ロレアル(L’OREAL)、ウォルマート(WALMART)などを含む150社も同構想を支持し、協調的な行動を取っている。参加している150社で、世界で使用されているプラスチック包装のおよそ20%を占めているという。

 環境保護への取り組みとして、「バーバリー」は18年9月に毛皮の使用を廃止した。また、ブランド保護のため売れ残り商品や在庫を焼却処分していたが、抗議を受けてこれも同9月に廃止を発表している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら