ファッション

ティッシによる「バーバリー」初のキャンペーンビジュアル公開 6人の写真家起用で多様性を表現

 「バーバリー(BURBERRY)」は、リカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)=チーフ・クリエイティブ・オフィサーによる初めてのキャンペーンビジュアルを公開した。ティッシが描く多様性を表現するため、世代の異なる複数のフォトグラファーを起用した。

 起用したのは、ファッションフォトグラフィーの巨匠、ニック・ナイト(Nick Knight)をはじめ、ファション誌を中心に活動する気鋭写真家のレティ・シュミッタロウ(Letty Schmiterlow)やコリン・ドッジソン(Colin Dodgson)、ダンコ・シュタイナー(Danko Steiner)、ユーゴ・コント(Hugo Comte)、ピーター・ランガー(Peter Langer)の6人。英国の多様なスピリットに敬意を示した2019年春夏コレクションを、それぞれのフォトグラファーが独自のスタイルで切り取った。また、モデルも異なる世代や国籍から選出した。

 ティッシは「私が『バーバリー』というブランドについて最も感動することは、年齢、職業、人種、性別を超えて幅広い人を引きつけることができる包括性だ。その包括性を全世界のあらゆる人々に伝えられるように、さまざまな人とコラボレーションしたいと思った」とコメントする。

 なお、“KINGDOM”をテーマにした2019年春夏コレクションは、2月から順次発売予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら