ビジネス

商業界が月刊誌「ファッション販売」を譲渡

 商業界(東京、中嶋正樹社長)は、月刊誌「ファッション販売」の事業をアール・アイ・シー(横浜市、毛利英昭社長)に譲渡する。8月27日発行の10月号から編集・発行元が移る。商業界は月刊誌事業に関しては経営資源を「商業界」「販売革新」「食品商業」の3誌に集中させていく。

 「ファッション販売」は1976年に創刊した老舗専門誌。ファッション小売業の事業者や店舗の販売員に向けて、売り場や商品の基本、接客の技術、最新のトレンドなどを分かりやすく解説してきた。特に実践的な販売ノウハウに強く、販売員の教材としても読まれている。

 譲渡先のアール・アイ・シーは外食・小売業を中心にしたコンサルティング事業や出版事業を手掛けており、15年にも商業界から「飲食店経営」「コンビニ」の2誌を引き継いでいる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら