ニュース

東京五輪まで1年 オフィシャルタイムキーパー「オメガ」が大丸東京にポップアップ

 2020年の東京オリンピックでオフィシャルタイムキーパーを務めるスウォッチ グループ(SWATCH GROUP)傘下のスイスの時計ブランド「オメガ(OMEGA)」が、開幕1年前となる7月24日から8月13日まで大丸東京店1階にポップアップショップをオープンする。

 ポップアップショップは「オメガ」のブランドカラーの赤が特徴的で、什器のゴールドメタルがアクセントになっている。20年の東京大会でも使用される実物のスターティングピストル(陸上競技などのスタート時に使われる音の出る銃)やラストラップベル(トラックレースで最後の1周を知らせる鐘)も展示される。

 「オメガ」は同日、20年の東京大会を記念したリミテッドエディションの第2弾も発売した。今回フィーチャーするのは“シーマスター”で、東京大会のエンブレム“組市松紋”にインスパイアされたブルーの“アクアテラ”と、日本国旗をイメージした白地に赤の“プラネットオーシャン”の2アイテムを各2020本限定で販売する。

 スウォッチ グループの2018年12月期の売上高は、前期比6.1%増の84億7500万スイスフラン(約9153億円)で、沖早織「オメガ」事業本部長は「グループの好調は『オメガ』がけん引していると言える。今回のポップアップを起爆剤として、オリンピックに向けてラストスパートしたい」と述べた。

 オメガは1932年のロサンゼルス大会以来、28度のオリンピックでオフィシャルタイムキーパーを務めており、20年の東京大会で29度目となる。

■オメガ ポップアップショップ
日程:7月24日〜8月13日
時間:月〜金曜日 10:00〜21:00 / 土・日曜日、祝日 10:00〜20:00
定休日:無休
場所:大丸東京店1階
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1