ファッション

スウォッチ グループが2020年も「バーゼル・ワールド」不参加を明言!

 スウォッチ グループ(SWATCH GROUP)傘下の、カルバン・クライン ウォッチ&ジュエリー(CALVIN KLEIN WATCH & JEWELRY)社長のカルロ・ジョルダネッティ(Carlo Giordanetti)は、23日に韓国・ソウルで行った新作発表イベントの中で、スウォッチ グループの「バーゼル・ワールド(BASEL WORLD)2020」不参加を明言した。

 「バーゼル・ワールド」はスイス・バーゼルで開催される世界最大の時計・宝飾見本市で、スウォッチ グループはこの3月に開催された「バーゼル・ワールド2019」への出展を取りやめており、屋台骨を抜かれた同見本市は存続の危機にさらされている。

 ジョルダネッティ社長に念を押すと、「19年の不参加もニック(・ハイエック Nick Hayek=スウォッチ グループ最高経営責任者)が決めた。20年も同じだ」と答えた。

 スウォッチ グループは「オメガ(OMEGA)」や「ブレゲ(BREGUET)」などを擁する世界最大の時計企業。18年12月期は、売上高が前期比6.1%増の84億7500万スイスフラン(約9237億円)、営業利益が同15.2%増の11億5400万スイスフラン(約1257億円)、純利益は同14.8%増の8億6700万スイスフラン(約945億円)だった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。