ファッション

スウォッチ グループが2020年も「バーゼル・ワールド」不参加を明言!

 スウォッチ グループ(SWATCH GROUP)傘下の、カルバン・クライン ウォッチ&ジュエリー(CALVIN KLEIN WATCH & JEWELRY)社長のカルロ・ジョルダネッティ(Carlo Giordanetti)は、23日に韓国・ソウルで行った新作発表イベントの中で、スウォッチ グループの「バーゼル・ワールド(BASEL WORLD)2020」不参加を明言した。

 「バーゼル・ワールド」はスイス・バーゼルで開催される世界最大の時計・宝飾見本市で、スウォッチ グループはこの3月に開催された「バーゼル・ワールド2019」への出展を取りやめており、屋台骨を抜かれた同見本市は存続の危機にさらされている。

 ジョルダネッティ社長に念を押すと、「19年の不参加もニック(・ハイエック Nick Hayek=スウォッチ グループ最高経営責任者)が決めた。20年も同じだ」と答えた。

 スウォッチ グループは「オメガ(OMEGA)」や「ブレゲ(BREGUET)」などを擁する世界最大の時計企業。18年12月期は、売上高が前期比6.1%増の84億7500万スイスフラン(約9237億円)、営業利益が同15.2%増の11億5400万スイスフラン(約1257億円)、純利益は同14.8%増の8億6700万スイスフラン(約945億円)だった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら