ファッション

「コーチ」 × 水原希子第3弾は初のウエアが登場 宇宙やスピリチュアルなモチーフが特徴

 「コーチ(COACH)」は7月26日、女優・タレントの水原希子と3回目となるコラボコレクションを発売する。2018年6月には水原がカスタマイズしたバッグ、19年2月にはアクセサリーが登場し、今回はバッグ、フットウエア、スモールレザーグッズのほか、初めてウエアを手掛けた。価格帯は9000〜7万5000円。

 第3弾は、水原が好きな宇宙やスピリチュアルなモチーフにインスパイアされたディテールが特徴だ。今回初めて展開するウエアは、クロップド丈のサテンジャケット、スリップドレス、グラフィカルなTシャツなどが登場。また、新作バック“サファリ トート”は1960年代の「コーチ」のアーカイブスタイルからヒントを得て、メタリックレザーを使用しターンロックを施したデザインになる。

 水原は「宇宙と愛、そして不思議な仲間たちにインスパイアされたテーマをそれぞれのアイテムに組み込みました。私のお気に入りは、私が考案して名付けた “エイリアン バタフライ” で、ウェアやバッグにあしらわれています。エイリアンだけど皆をハッピーでピースフルにする、とても不思議でそして魅力的なキャラクターです。たくさんの女性の毎日のおしゃれに、是非取り入れていただきたいと思います」とコメントしている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら