ファッション

米リーバイスが7月24日からレーザー加工を用いた新オンライン・カスタマイズサービスを開始

 米リーバイ・ストラウス(LEVI STRAUSS)は7月24日からアメリカで、新たなオンライン・カスタマイズサービス“フューチャーフィニッシュ”をスタートした。ユーザーはまずベースとなるジーンズを選び、そこにレーザー加工によるアタリやダメージ穴など経年変化感をプラスしていく。スタンプで押したような総柄にしたり、革パッチの色をカラフルに変えることもできる。価格はジーンズが148ドル(約1万5984ドル)で、ショーツが98ドル(約1万584円)。

 同サービスを研究・開発した同社のバート・サイツ(Bart Sights)=テクニカルイノベーション バイスプレジデントは、「レーザー加工はデザインの複雑さにかかわらず1本たったの90秒で、オーダーから数日でデリバリーできる」と話し、「“フューチャーフィニッシュ”で老若男女を問わない全ての人、全てのライフスタイルにフィットするジーンズを届けたい。われわれにはジーンズのオリジンとしてのプライドと責任がある」と続けた。

 現在のところ、“フューチャーフィニッシュ”の日本での運用予定はない。

“フューチャーフィニッシュ”の製造過程

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら