ファッション

米リーバイスが7月24日からレーザー加工を用いた新オンライン・カスタマイズサービスを開始

 米リーバイ・ストラウス(LEVI STRAUSS)は7月24日からアメリカで、新たなオンライン・カスタマイズサービス“フューチャーフィニッシュ”をスタートした。ユーザーはまずベースとなるジーンズを選び、そこにレーザー加工によるアタリやダメージ穴など経年変化感をプラスしていく。スタンプで押したような総柄にしたり、革パッチの色をカラフルに変えることもできる。価格はジーンズが148ドル(約1万5984ドル)で、ショーツが98ドル(約1万584円)。

 同サービスを研究・開発した同社のバート・サイツ(Bart Sights)=テクニカルイノベーション バイスプレジデントは、「レーザー加工はデザインの複雑さにかかわらず1本たったの90秒で、オーダーから数日でデリバリーできる」と話し、「“フューチャーフィニッシュ”で老若男女を問わない全ての人、全てのライフスタイルにフィットするジーンズを届けたい。われわれにはジーンズのオリジンとしてのプライドと責任がある」と続けた。

 現在のところ、“フューチャーフィニッシュ”の日本での運用予定はない。

“フューチャーフィニッシュ”の製造過程

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。