ファッション

マイケル・B・ジョーダン初の「コーチ」広告が発表 水原希子も登場

 「コーチ(COACH)」はブランド初のメンズウエアアンバサダーに起用したアメリカ人の俳優兼プロデューサーのマイケル・B・ジョーダン(Michael B Jordan)の2019年春コレクション・キャンペーンビジュアルを公開した。昨年9月にアンバサダー就任後初のキャンペーンになる。

 ビジュアルはフォトグラファーのクレイグ・マクディーン(Craig McDean)が撮り下ろし、ロサンゼルス郊外の太陽が照りつける砂漠の中で撮影。マイケルはカラーブロッキングしたシアリングジャケットやブルーレザーのモトジャケット、パッチワークレザーのMA-1など、アメリカンカジュアルなアイテムを身にまとって登場した。また、今シーズンの新作ヒーローバッグ“シグネチャー リビングトン バックパック”“リビングトン ベルトバッグ”などもフィーチャーする。また、フレグランスのキャンペーンでは、ガレージをセットに、ビンテージカーに乗るジョーダンの姿が「コーチ」ガイの親しみやすい男らしさを表現している。

 また、ウィメンズのキャンペーンには同じくアンバサダーを務める水原希子の他、クアン・シャオトン(Guan Xiaotong)、アドゥ・アケチ(Adut Akech)、ソラ・チョイ(Sora Choi)、インディラ・スコット(Indira Scott)、フラン・サマーズ(Fran Summers)、キキ・ウィレムス(Kiki Willems)らが登場する。ウィメンズの広告もアメリカ西部へのロードトリップをイメージし、ロサンゼルスの郊外で撮影した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。