ニュース

全ての若者の可能性を信じて前向きに 「コーチ」が若者支援プロジェクト始動

 「コーチ(COACH)」はこのほど、未来を担う若者を支援するプロジェクト「ドリーム イット リアル(DREAM IT REAL)」を立ち上げた。「コーチ」が拠点を構えるニューヨークらしい、可能性(possibility)、前向きな姿勢(optimism)、包括性(inclusive)などのNYスピリットにインスピレーションを得て、世界中の若者が夢を見つけ、実現のために行動が起こせるよう支援する。

 まずはアメリカの非営利組織で、若者が才能を見出し未来のために学ぶことを支援する「ザ フューチャー プロジェクト(THE FUTURE PROJECT)」とパートナーシップを締結。このプロジェクトのトレーニングを受けた人物はドリーム ディレクターに就任。全米の高校に通う若者たちは今後、ドリーム ディレクターとともに自分自身や学校、社会の夢を実現するプロジェクトを考案する。

 また、「コーチ」の広告塔を務めるセレーナ・ゴメス(Selena Gomez)やマイケル・B・ジョーダン(Michael B. Jordan)も名誉ドリーム ディレクターとしてこのプロジェクトに参加する。「コーチ」は「ザ フューチャー プロジェクト」に140万ドル(約1億5600万円)を寄贈した。

 ジョシュア・シュルマン(Joshua Schulman)=コーチ最高経営責任者兼プレジデントは、「情熱と目的を見いだすことができるよう、若者のやる気を喚起し、必要な能力を身につける環境を整え、後押しできることを誇りに思う」とコメントしている。