ニュース

全ての若者の可能性を信じて前向きに 「コーチ」が若者支援プロジェクト始動

 「コーチ(COACH)」はこのほど、未来を担う若者を支援するプロジェクト「ドリーム イット リアル(DREAM IT REAL)」を立ち上げた。「コーチ」が拠点を構えるニューヨークらしい、可能性(possibility)、前向きな姿勢(optimism)、包括性(inclusive)などのNYスピリットにインスピレーションを得て、世界中の若者が夢を見つけ、実現のために行動が起こせるよう支援する。

 まずはアメリカの非営利組織で、若者が才能を見出し未来のために学ぶことを支援する「ザ フューチャー プロジェクト(THE FUTURE PROJECT)」とパートナーシップを締結。このプロジェクトのトレーニングを受けた人物はドリーム ディレクターに就任。全米の高校に通う若者たちは今後、ドリーム ディレクターとともに自分自身や学校、社会の夢を実現するプロジェクトを考案する。

 また、「コーチ」の広告塔を務めるセレーナ・ゴメス(Selena Gomez)やマイケル・B・ジョーダン(Michael B. Jordan)も名誉ドリーム ディレクターとしてこのプロジェクトに参加する。「コーチ」は「ザ フューチャー プロジェクト」に140万ドル(約1億5600万円)を寄贈した。

 ジョシュア・シュルマン(Joshua Schulman)=コーチ最高経営責任者兼プレジデントは、「情熱と目的を見いだすことができるよう、若者のやる気を喚起し、必要な能力を身につける環境を整え、後押しできることを誇りに思う」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら