ファッション

美容誌「マキア」がホテルと提携 訪日外国人にコスメをサンプリング

 創刊15周年を迎えた集英社の美容誌「マキア(MAQUIA)」は、全国11カ所でホテルを運営するコアグローバルマネジメントと提携することを発表した。

 今回の提携は、 コアグローバルマネジメントが運営するホテルを利用する台湾、中国、東南アジアを中心とした訪日外国人(インバウンド)団体客に向けてコスメを試供し、ブランド認知を広げるもの。年間60万人の訪日外国人が宿泊する同社のホテルの強みを生かし、免税店や化粧品カウンターでの購入につなげるのが狙いだ。

 また、「マキア」9月21日発売号のブランドタイアップページを再編集したタブロイド紙版を中国語に翻訳し、コスメ試供品と合わせて配布する。「マキア」ブランド自体の認知拡大を目指す。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら