ニュース

「ディプティック」が表参道ヒルズでポップアップ開催

 パリ発フレグランスブランドの「ディプティック(DIPTYQUE)」は、新作コレクション「Raw Materials in Colors(色彩豊かな原料)」の発売を記念して、東京・表参道ヒルズ西館1階「表参道R-STUDIO」に7月16日までの期間限定ポップアップストアをオープンした。

 同コレクションは定番香水の中から5つの人気の香り「ド ソン(Do Son)」「ロンブル ダン ロー(L’Ombre dans L’eau)」「フィロシコス(Philoykos)」「タムダオ(Tam Dao)」「オー デ サンス(Eau des Sens)」の色鮮やかな限定ボトル(30mLサイズ)のオードトワレ。ポップアップストアでは同コレクションのほかボディーケアアイテムの新作、会場限定のコフレなども販売する。

 “原料の産地を旅する”をテーマにした同ポップアップストアは昨年3月にニューヨークでスタート。ロンドン、ベルリン、上海、ソウル、香港で開催してきた。会場内は映像やイラストにより五感で香りを感じる演出を施している。また壁一面に今回のイベントのためにデザインしたポストカードを飾り、来場者は自由に取って会場内のポストに投函することができる。1万5000円以上購入した人には数量限定で限定デザインのトートバッグのプレゼントも用意する。

■ディプティック フレグランスポップアップストア
日程:6月27日~7月16日
時間:11:00~21:00(最終日は18:00まで)
場所:表参道R-STUDIO
住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ 西館1階

【エディターズ・チェック】
インテリアデザイナー、画家、舞台デザイナーという異色の3人により1961年にパリで生まれた「ディプティック」は、芸術性にこだわったモノ作り、店舗開発、プロモーションを展開しています。香水瓶のラベルも一つ一つデザインが異なっていて、デザインやネーミング、調香そのものなど細部にストーリーがあるアート性もあり、ビューティ好きだけではなくファッション好きからも支持される理由の一つです。アートのルーツを大切にすると同時に、車載用のフレグランス製品や屋外用のディフューザーなど新製品の開発にも積極的で、フレグランス周辺の新しいニーズの掘り起こしに力を入れている点にも特徴があります。昨年はそごう横浜店、東京ミッドタウン店、丸の内路面店と新店を次々にオープン。現在国内に7店舗を構え、年内に新たに1店舗オープンする予定なので注目です。