ファッション

スタイリスト・小野田史が手掛けるパーソナルスタイリングサービス「スタイリスト」が始動

 スタイリストの小野田史が手掛けるパーソナルスタイリングサービス「スタイリスト(STYLISTE)」が7月1日にスタートした。利用者のもとをスタイリストが訪れ、自宅のクローゼット内の手持ち服のコーディネートを提案する「ワードローブエディット」と、スタイリストのアドバイスを受けながらショッピングができる「ショッピングアテンド」の2つのサービスを提供する。どちらも1時間1万円から利用できる。首都圏を中心に全国展開する予定だ。

 同サービスは"ひとりにひとりのスタイリストという新たな生活文化を定着させ、ファッションを通じたマインドチェンジを約束する"ことをコンセプトに掲げる。さらにリセールなどの2次流通によるリユースの啓発や、リフォームやリメイクによるアップサイクル活動の促進を通して、サステイナブルなファッションライフを提案する。

 スタイリングを手掛けるスタイリストには、創業者の小野田をはじめ、「ヴォーグ ジャパン(VOGUE JAPAN)」(コンデナスト・ジャパン)でのスタイリング実績を持つ菅野かすみや「グロウ(GLOW)」(宝島社)や「バイラ(BAILA)」(集英社)でページを持つ天水沙織など、第一線で活躍するプロを集めた。

 法律顧問にはスタイリスト兼ファッションエディターの経験を持つ海老澤美幸弁護士を迎え、利用者とスタイリストの双方にとって安心な環境作りを目指す。

 また同サイトのトップ画面には、フォトグラファーのイリグチケンタがミラノやパリのファッション・ウイークで撮影したストリートスナップを掲載。サイトにアクセスするたびに異なる作品が表示される。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら