ファッション

スタイリストの佐々木敬子が念願のジュエリー「スーリヤ」を本格始動

 スタイリストの佐々木敬子はジュエリーブランドの「スーリヤ(SURYA)」を本格スタートする。「スーリヤ」とは3つの目を持つ太陽神のことで、色をまとうという意味がある。彼女自身がインド・ジャイプールで選んだルビーやエメラルドをはじめとするさまざまな色石やダイヤモンドを使用し、カットにこだわりってジャイプールと日本で製造している。目をモチーフにしたネックレスがインスタグラムで広がり、昨年末からオンライン販売をスタート。中心価格帯は20万円前後で、セミオーダーも受け付ける。ブランドの運営はイタリア発の「プランC(PLAN C)」などを輸入販売するパラグラフが行う。まずは、海外のセレクトショップなどでの販売からスタートし、国内でも百貨店やセレクトショップで販売していくようだ。

 自身のファッションブランド「マイラン(MYLAN)」も手掛ける佐々木は、「色石が大好きでずっとジュエリーブランドを立ち上げたかった」と話す。彼女は、「アガット(AGETE)」でジュエリーのデザインを手掛けたこともある。「石を見ているのが一番幸せ」という彼女の家の中にはクリスタルなどの石がたくさんあるそうだ。「日本には大きい色石を使ったジュエリーが少ない。『スーリヤ』ではカラーバリエーションを大切にしたい。ジャイプールでしかできないカットやクラフツマンシップにこだわっている」と佐々木。ジュエリーをデザインする際に「マイラン」とリンクはさせていないが、自然と合うものばかりだ。目をモチーフにしたジュエリーを作ったきっかけを聞くと、「“邪気を払う”ということも意識しているが、見えないものを見る時代だという意味で目をモチーフにした」という。目のモチーフのほかに、ピラミッドや幾何学モチーフ、花をモチーフにしたものもある。佐々木は、「ジュエリーは自分を守ってくれる存在。ピラミッドや幾何学モチーフは神聖だと思って採用した。自分のチャクラ(エネルギーの出入り口)やオーラの色に合わせてジュエリーを選んでもいいと思う」と話す。好きな石を選べるセミオーダー的なブランドにしていきたいという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら