ファッション

村上隆らも来場、「オフ-ホワイト」2020年春夏来場者はストリートブーム終息の声を一蹴する強者ばかり

 「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH以下、オフ-ホワイト)」の2020年春夏ランウエイショーが19日(現地時間)に開かれた。会場はかつて屋内市場として使用されていた施設で、周辺には派手なストリートウエアをまとった若者や関係者が大勢訪れた。ブランドを率いるヴァージルと親交の深い村上隆やミュージシャンの姿も複数見られた。長らく続いているストリートブームがやや飽和状態で、1月のパリ・メンズ・コレクションではフォーマルのスタイルが台頭したため、一部ではストリートブームは終息に向かうと予想されていた。しかしこの日の「オフ-ホワイト」の会場周辺はそれらの声を一蹴するほど熱気が高く、ストリートのムーブメントがまだまだ続くことを予感させた。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら