ファッション

村上隆らも来場、「オフ-ホワイト」2020年春夏来場者はストリートブーム終息の声を一蹴する強者ばかり

 「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH以下、オフ-ホワイト)」の2020年春夏ランウエイショーが19日(現地時間)に開かれた。会場はかつて屋内市場として使用されていた施設で、周辺には派手なストリートウエアをまとった若者や関係者が大勢訪れた。ブランドを率いるヴァージルと親交の深い村上隆やミュージシャンの姿も複数見られた。長らく続いているストリートブームがやや飽和状態で、1月のパリ・メンズ・コレクションではフォーマルのスタイルが台頭したため、一部ではストリートブームは終息に向かうと予想されていた。しかしこの日の「オフ-ホワイト」の会場周辺はそれらの声を一蹴するほど熱気が高く、ストリートのムーブメントがまだまだ続くことを予感させた。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら