フォーカス

「オフ-ホワイト」2019-20年秋冬はトレンドど真ん中“テーラード” 「スポーツに疲弊しちゃった」

 「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH以下、オフ-ホワイト)」のウィメンズのショー会場には、簡単に言えば異性からも同性からもモテそうな男女が集まる。女性なら健康的に肌を露出し、ネオンカラーを堂々と着こなし、自信に満ちている。トレンドとの付き合い方も上手だ。ファッションを素直に楽しんでいる様子で、会場のムードは熱気がある。

 今月パリで発表された2019-20年秋冬コレクションの会場で、観客の多くは「オフホワイト」が得意とするストリート&スポーティーな格好をしていた。春夏のショーは、現役アスリートをモデルに迎えて「ナイキ」とのコラボアイテムを多く発表するなど、スポーツマインド全開だったから当然だ。しかし、次の秋冬に向けて、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)=クリエイティブ・ディレクターからの提案は、クラシック&エレガンスの濃度がぐっと高まっている。

 着想源はカーレース。ヴァージルの故郷である米国イリノイ州ロックフォードのスピードウェイだ。「今はスポーツに関心はないよ。その考えに僕らは疲弊しちゃったからね。今興味があるのは男性優位のニッチなカルチャーだ」とヴァージル。確かにレースは今も“男の子”の世界。その要素をウィメンズに持ち込むことで新境地を開いた。ベースとなるのは、秋冬トレンドど真ん中であるテーラードやトレンチといった定番アイテム。トレンドセッターのヴァージルがそれらをどう料理をしたのか見てみよう。

 「オフホワイト」のバックステージはエネルギッシュで明るく、モデルたちのハイテンションがそのままショーのパワーになっている。今季は他のショーではあまり見かけなかった、ジジ・ハディッド(Gigi Hadid)も妹のベラ・ハディッド(Bella Hadid)と登場。男性優位の世界を軽々と自分のものにしてしまう「オフホワイト」ウーマンは頼もしく、やはりモテそうだ。