ニュース

銀座ロフトが2フロア増床 初のイートインやビューティ分野を拡大

 ロフトは、銀座ベルビア館の3~6階で展開する銀座ロフトを1~2階まで拡張し4月26日にグランドオープンする。新規事業の立ち上げなど同社のモデル店舗と位置づけ、ロフト初のイートインコーナーを設けるなど“食”“日本”“サステナブル”と雑貨を掛け合わせて発信する。

 営業面積は3312.41平方メートルから増床後は約1.4倍の4585.14平方メートルとなる。1階はカフェ&フードのフロアでイートインコーナー「ロフトフードラボ」を併設。国産フルーツや野菜を使用したジェラート&アイスキャンディーを提供する「スーパーアイスクレマリー」、京都発で東京初出店のサワー専門店「サワー」、銀座ロフト限定焼き菓子などを販売するベーカリーショップ「ガーデンハウスクラフツ」が出店し、約30席を用意する。また、食と食にまつわる器や道具、書籍といった、食と雑貨を掛け合わせたギフト提案をする売り場もそろえる。

 そのほか、オープニング企画として雑貨コーディネーターのオモムロニ。が選ぶギフトが登場する「DAILY GIFT SHOP by オモムロニ。」、日本初の常設売り場となる、持続可能なライフスタイルのための生活用品を扱う「GO FOR SUSTAINABILITY by BIO HOTEL」、関西を拠点とするグリーンショップ「ブランハンナ by竹中庭園緑化」などが登場する。

 2階は現在3階で展開する美容健康雑貨を移し、ロフト最大級の美容健康雑貨売り場として、自然をテーマによりナチュラルな製品とメンズコスメに力を入れる。メンズメイクブランド「リップスボーイ(LIPPS BOY)」をはじめ、ロフト初導入の6ブランドが入り、スキンケアはクリニック発を強化して「ツダセツコ(TSUDA SETSUKO)」「ドクターケイ(DR.K)」「ライスフォース(RICE FORCE)」「アンプルール(AMPLEUR)」「ミューノアージュ(MUNOAGE)」を新たに投入する。3階は現在6階で展開するバッグ&トラベルやモバイルツールなどを扱うファッション雑貨フロアとなる。

 安藤公基ロフト社長は、「食への新たな取り組み、健康や環境に留意した雑貨、高品質と大集積を両立させた美容雑貨フロア、優れたデザインや高い機能などが特徴の文具やスタイル雑貨、クールジャパンを世界に発信する品ぞろえなど、ストーリーのある売り場を楽しんでもらえる館になる。また、環境課題についても銀座ロフトから取り組み、脱プラスチックとして一部を除き全てのショッパーを紙製に変更する。2019年は銀座ロフト増床のほか、国内2ケタの新店出店、小型の新業態への挑戦、海外直営店出店準備、システムや物流のインフラ整備などを行う節目の一年となる」と述べた。