ビジネス

「キッカ」ブランドクリエイターの吉川康雄メイクアップアーティストが退任

 カネボウ化粧品が手掛けるメイクアップブランド「キッカ(CHICCA)」は1日、長年ブランドクリエイターを務めた吉川康雄メイクアップアーティストの退任を発表した。3月31日が契約期限となり、両者の話し合いから更新せずに満了となった。ブランドは今後も継続し、2019年秋冬コレクションまでは吉川メイクアップアーティストが手がけたアイテムを発売する。後任は現在検討中。

 「キッカ」は「艶めく、ときめく。“インビジブルメイク”で、あなたらしい美しさを」をブランドコンセプトとしてきた。吉川メイクアップアーティストは、別人のように塗りたくるのではなく、その人を引き立てる“インビジブルメイク”を提唱し、艶肌や血色感のあるメイクアップを打ち出し、幅広い層から支持を得てきた。

 吉川メイクアップアーティストは自身のインスタグラムで「みんなのために『キッカ』を作れなくなったことは残念であり申し訳ない気持ちです。いままでぼくの作った『キッカ』を好きでいてくれてどうもありがとうございました」と思いを綴った。

[related post="420167" title=「キッカ」吉川康雄が伝授 明るい顔色を作るチークテクニック"]

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら