フォーカス

モダンに生まれ変わった「ボッテガ・ヴェネタ」 最新バッグ&シューズのポイントを解説

 ダニエル・リー(Daniel Lee)新クリエイティブ・ディレクターのランウエイデビューとなる「ボッテガ・ヴェネタ」の2019-20年秋冬コレクションでは、数多くの新作バッグ&シューズも発表された。特徴は、ブランドを象徴する“イントレチャート”からヒントを得たスクエアをはじめ、単純な図形モチーフを取り入れた造形的なデザインやディテール。リーは、クラシックなイメージが強かった “イントレチャート”を拡大したり、図形として捉えたりすることで、ポップかつモダンな印象に仕上げている。

 アクセサリーのカラーパレットは、白黒に加え、チョコレートブラウンやティールブルー、パープル、ペールブルーなど1970年代のイタリアのインテリアから着想を得た色合いが特徴。注目の新作バッグは、プクッとしたパッド入りのレザーを“イントレチャート”の技法で編み込んだボックスシェイプのショルダーバッグで、ストラップにはウエアにも見られたような三角形モチーフがバックルとして用いられている。また、大きなスクエアモチーフを取り入れたワンハンドルバッグや、40年代のアンティークブローチからヒントを得たメタルパーツを配したシガレットケース型のアイテムも登場。ハードタイプのクラッチはオブジェのようなデザインで、造形的なアプローチを強く感じさせる。さらに、リーが就任後初めて手掛けたデザインもアップデートされている。トートの“マキシ カバ”はビニールのような素材でアレンジ。オーバーサイズクラッチの“ザ・ポーチ”は極細のナッパレザーを編み込み、ループフリンジで覆われたボリュームのあるスタイルを提案する。

 ウィメンズのシューズは、2019年プレ・フォールでデビューした“イントレチャート”のスクエアトゥパンプスをぷっくりしたキルティングでアップデートした他、パズルのようにレザーパーツを組み合わせたサンダルや、シャープなポインテッドトゥの先端だけをスクエアで仕上げたようなローヒールパンプスを提案。メンズにはキルティングで仕上げたレースアップシューズが登場する。また、もともとメンズ用にデザインされていた厚底のバイカーブーツはウィメンズにも採用され、メンズ・ウィメンズ共通のアイテムに。ブラック、ブラウン、ネイビーの3色展開で、スタイリングに強さを加えた。

JUN YABUNO:1986年大阪生まれ。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業後、「WWDジャパン」の編集記者として、ヨーロッパのファッション・ウィークの取材をはじめ、デザイナーズブランドやバッグ、インポーター、新人発掘などの分野を担当。2017年9月ベルリンに拠点を移し、フリーランスでファッションとライフスタイル関連の記事執筆や翻訳を手掛ける。「Yahoo!ニュース 個人」のオーサーも務める。