ビジネス

朝日新聞出版の「アエラスタイルマガジン」の編集長が交代

 朝日新聞出版は、年4回発行の男性誌「アエラスタイルマガジン(AERA STYLE MAGAZINE)」の山本晃弘編集長が退任し、後任に藤岡信吾副編集長が就くことを発表した。3月末発売予定の春号が、現体制では最後の号となる。

 山本編集長は3月末に朝日新聞出版を退社し、自身の会社を設立する。4月以降は外部契約で新設の役職となる「アエラスタイルマガジン」の雑誌・タブロイドのエグゼクティブ・エディターと、同誌のウェブ編集長を兼任する予定だ。

 「アエラスタイルマガジン」は2008年に創刊。“スーツを魅せる、スーツを語る”というコンセプトでビジネスマンの着こなしを提案している。山本編集長は、創刊から11年にわたり編集長を務めてきた。後任の藤岡副編集長は14年4月に編集部に加わり、主にファッション企画を担当している。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら