ニュース

朝日新聞出版の「アエラスタイルマガジン」の編集長が交代

 朝日新聞出版は、年4回発行の男性誌「アエラスタイルマガジン(AERA STYLE MAGAZINE)」の山本晃弘編集長が退任し、後任に藤岡信吾副編集長が就くことを発表した。3月末発売予定の春号が、現体制では最後の号となる。

 山本編集長は3月末に朝日新聞出版を退社し、自身の会社を設立する。4月以降は外部契約で新設の役職となる「アエラスタイルマガジン」の雑誌・タブロイドのエグゼクティブ・エディターと、同誌のウェブ編集長を兼任する予定だ。

 「アエラスタイルマガジン」は2008年に創刊。“スーツを魅せる、スーツを語る”というコンセプトでビジネスマンの着こなしを提案している。山本編集長は、創刊から11年にわたり編集長を務めてきた。後任の藤岡副編集長は14年4月に編集部に加わり、主にファッション企画を担当している。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら