ファッション

豊田貿易が伊スニーカー「フィリップモデル」の独占輸入販売権を取得 19年秋から展開

 豊田貿易(東京、豊田隆二社長)は、投資会社ベントゥーノ・インベスティメンティ(21 Investimenti)傘下のイタリア高級スニーカーブランド「フィリップモデル(PHILIPPE MODEL)」の日本における独占輸入販売権を取得し、2019-20年秋冬から取り扱う。19年春夏までは伊藤忠商事が同権利を有し、上野商会が販売している。

 「フィリップモデル」は1980年代にバッグやシューズ、帽子などで注目を集めたフランス人アーティスト、フィリップ・モデルとイタリア人靴デザイナーのパオロ・ガンバート(Paolo Gambato)の共同プロジェクトとして2008年に発足し、初のコレクションを09年に発表した。

 中心価格帯は4万~6万円で、豊田貿易はこれまで同様に、百貨店やセレクトショップなどに卸を行う。現在日本国内に単独店舗はないが、イタリア本社と共に20年春までの旗艦店出店を目指す。

 豊田貿易は「ストーンアイランド(STONE ISLAND)」「L.B.M.1911」「チルコロ 1901(CIRCOLO 1901)」など、イタリアのメンズブランドを中心とした代理業を行っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。