ビジネス

TSIが上野商会を150億円で買収 「アヴィレックス」「ビーセカンド」など

 TSIホールディングスは、カジュアルウエアの卸売・小売業の上野商会(東京、長谷川文彦・社長)を買収すると発表した。10月15日付で株式の79%を約150億円で取得する。上野商会は「アヴィレックス(AVIREX)」「ショット(SCHOTT)」など海外ブランドの輸入販売や「ビーセカンド(B’2ND)」「ロイヤルフラッシュ(ROYAL FLASH)」「エルエイチピー(L.H.P.)」などの店舗運営などで知られる。TSIのブランドポートフォリオで空白になっているメンズのアメカジ市場に強く、グローバル事業の拡大にもつながると判断し、子会社化を決めた。

 上野商会は1957年に東京・上野で設立。主に米国ブランドの輸入販売を手掛け、中でも82年から輸入代理店契約を結ぶミリタリーウエア「アヴィレックス」、2009年からマスターライセンス契約を締結するレザーウエア「ショット」などで成長してきた。ファッションビルなどではセレクトショップ「ビーセカンド」を運営する。17年8月期の業績は売上高が前期比1.8%増の191億円、純利益が同40.5%の9億4700万円だった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら