ビジネス

ケイト・モスの娘、リラが「マーク ジェイコブス ビューティ」でモデルデビュー

 モデルのケイト・モス(Kate Moss)の娘、リラ・モス(Lila Moss)が「マーク ジェイコブス ビューティ(MARC JACOBS BEAUTY)」のキャンペーンでモデルとしてデビューした。4日、ダイアン・ケンダル(Diane Kendal)によるメークアップで、デイビッド・シムズ(David Sims)が撮影したビジュアルが公式インスタグラムに投稿された。

 リラは9月に16歳になったばかりで、母親であるケイトのエージェンシーであるケイト・モス・エージェンシー(KATE MOSS AGENCY)に所属する。リラのキャンペーンは、11日に英百貨店ハーヴェイ・ニコルズ(Harvey Nichols)で披露される。

 マーク・ジェイコブスは自身の公式インスタグラムで、ケイトに出会った頃の思い出を語り、リラのデビューを喜んだ。「ケイトがリラと一緒にスタジオにいることが、現実ではないような気がした。1993年春夏の『ペリー エリス(PERRY ELLIS)』グランジコレクションで18才のケイトに初めて出会った頃を思い出した。その後ケイトとはとても親しくなり、生涯の友となった。7月にリラがニューヨークに来て、みんなでスタジオに集まったとき、まるで私個人の生活と仕事の世界がが交わったような気分だった。『マーク ジェイコブス ビューティ』でデビューを飾るリラの素晴らしい写真を、心を込めてシェアする」と投稿した。

 同じスーパーモデルのシンディ・クロフォード(Cindy Crawford)の娘、カイア・ガーバー(Kaia Gerber)も2016年に同ブランドでモデルデビューしている。

 なお、「マーク ジェイコブス ビューティ」の日本での販売は行われていない。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら