ファッション

伊スニーカー「スペルガ」の独占販売権をカメイ・プロアクトが取得

 カメイ・プロアクト(東京、長谷部誠・社長)は、イタリアのスニーカーブランド「スペルガ(SUPERGA)」の国内独占販売権を取得した。年内いっぱいは世界長ユニオンが総輸入代理店を務め、2019年1月からカメイ・プロアクトのもとでリブランディングを図る。

 同ブランドは1911年にイタリア・トリノで創業した。キャンバス製スニーカーの “2750”がシグネチャーアイテムで、本国では「一家に1足」といわれる足元の定番品だ。今月、フィレンツェで開催された第94回ピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO)でもスタッフのオフィシャルシューズに採用された。

 カメイ・プロアクトの太田雄介ブランドマネジャーは「『コンバース(CONVERSE)』『ヴァンズ(VANS)』に続く3大キャンバススニーカーブランドに成長させたい」と展望を語る。そのために価格と流通を見直す。価格については「2~3割程度削ることは可能だと思う」といい、流通では「(靴の)専門店を強化する」。「スペルガ」はセレクトショップを中心に販路を広げたが、トレンドの影響を受け売り上げの浮き沈みが激しく、ディスカウントストアなどでも売られたことで価格設定が乱れた。

 リブランディングを実施し、初年度の販売数20万足を目指す。また「19年度中に渋谷・原宿エリアに旗艦店もオープンしたい」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら