ファッション

カメイ・プロアクトが米「MIS」の独占輸入販売権を取得

 カメイ・プロアクト(東京、長谷部誠・社長)は、2014年創業の米国のバッグブランド「MIS」の日本国内における独占輸入販売権を1月に取得し、同ブランドの日本初の輸入代理店となった。3月末をめどにECサイトをオープンし、18年秋冬シーズンから卸も本格化する。

 「MIS」は“Make It Simple”の頭文字をとったもので、その名の通りシンプルでタフなデザインが30代男性を中心に支持されている。これまで伊勢丹やユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)、ジャーナル スタンダード(JOURNAL STANDARD)などで販売されてきた。

 ミルスペック(米国軍用規格)に対応したパーツを用い、同規格をクリアしたカリフォルニア州内の工場で全アイテムを生産する。主に使われているのは耐久性に優れたコーデュラナイロンで、コーティングを施すことでさらに防水性と強度を高めている。

 バックパックが2万円前後、ショルダーバッグが1万3000円前後、ポーチが6000円前後と価格は手頃で、18年春夏シーズンはサコッシュや巾着型ポーチをリリースするなど、「女性が使えるアイテムも増えている」と小松理史ブランドリーダーは語る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら