ファッション

「グレンフェル」の独占輸入販売権を伊藤忠商事が取得

 伊藤忠商事は、このほど英国ブランド「グレンフェル(GRENFELL)」の独占輸入販売権を取得した。2018年春夏から、子会社であるコロネットを通じて販売を開始する。同ブランドの創業は1923年。今もロンドン市内に本社および工場を構え、全ての商品を英国内で生産する。

 主力商品は、“グレンフェル・クロス”と呼ばれる高密度コットンを使ったアウター類だ。ブランド名および生地名は、探検家で医師でもあったウィルフレッド・グレンフェル(Wilfred Grenfell)卿に由来する。防風・防水性が高く、それでいて通気性と耐久性に優れたグレンフェル・クロスは、グレンフェル卿の飽くなき冒険心を満たし、その後もエベレスト登頂や太平洋横断といった、さまざまな場面で新たな記録に挑戦する人々に愛用されてきた。58年には、ロイヤルワラント(英国王室御用達)を与えられた歴史も持つ。

 18年春夏は、メンズを中心に10万〜20万円のステンカラーコートを打ち出す。18-19年秋冬からはウィメンズも本格化。同価格帯のダッフルコートを提案する。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら