ファッション

マガジンハウスが新人事発表 「ギンザ」編集長が交代

 マガジンハウスは11月9日付けで新人事を発表した。「ギンザ(GINZA)」の編集長に芦谷富美子「カーサ ブルータス(Casa BRUTUS)」編集部副編集長が就任する。芦谷新編集長が手掛けるのは2019年3月発売号から。河田紗弥・現「ギンザ」編集部編集長は「アンド プレミアム(&Premium)」編集部へ異動する。また、「ギンザ」の副編集長に戸田史「アンアン(anan)」編集部キャップと矢作雄介「ブルータス(BRUTUS)」編集部副編集長が就任する。川端寿子・現「ギンザ」編集部副編集長は「ブルータス(BRUTUS)」編集部へ異動する。河田「ギンザ」編集長は今年1月に現職に就任し、5月11日発売の6月号から指揮を執っていた。

 その他、カスタムプロデュース部の比舗興人は「カーサ ブルータス」編集部副編集長に就任し、岸邉麻巳ニューメディア事業部課長は「アンアン」編集部キャップに就任する。町田雄二「ブルータス」編集部キャップは同副編集長に、「アンアン」編集部の中山さんごは同編集部キャップに昇格する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら