ニュース

「ブルータス」ウェブが本格始動 過去の誌面記事をキーワードで“編集”

 マガジンハウスが発行する「ブルータス(BRUTUS)」は、ウェブメディアの「BRUTUS.JP」を11月15日にスタートした。現在は同誌の編集記事のアーカイブを掲載。“NEXT CULTURE CONTEXT 文化は、つながる。”をコンセプトに、過去の記事を特定のキーワードをもとに閲覧することができる。設定したテーマに基づく情報の編集を行う誌面に対し、ウェブではキーワードをベースに“編集”する。記事は一部が無料。月額457円の会員登録を行うことで掲載している全ての記事を閲覧することができる。今後はウェブ独自のコンテンツも検討中だ。

 西田善太・編集長は「『ブルータス』の読者は手強いです。だからこそ、一度手を握ったら、僕らも読者の手は離しません。これからも好奇心を人任せにしない、優れた読み手と歩んでいきます。雑誌、電子雑誌、そしてウェブやSNS、さまざまな伝え方の中で、新しい楽しみを作り続けます」とコメントしている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら