ビジネス

「ブルータス」ウェブが本格始動 過去の誌面記事をキーワードで“編集”

 マガジンハウスが発行する「ブルータス(BRUTUS)」は、ウェブメディアの「BRUTUS.JP」を11月15日にスタートした。現在は同誌の編集記事のアーカイブを掲載。“NEXT CULTURE CONTEXT 文化は、つながる。”をコンセプトに、過去の記事を特定のキーワードをもとに閲覧することができる。設定したテーマに基づく情報の編集を行う誌面に対し、ウェブではキーワードをベースに“編集”する。記事は一部が無料。月額457円の会員登録を行うことで掲載している全ての記事を閲覧することができる。今後はウェブ独自のコンテンツも検討中だ。

 西田善太・編集長は「『ブルータス』の読者は手強いです。だからこそ、一度手を握ったら、僕らも読者の手は離しません。これからも好奇心を人任せにしない、優れた読み手と歩んでいきます。雑誌、電子雑誌、そしてウェブやSNS、さまざまな伝え方の中で、新しい楽しみを作り続けます」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。