ファッション

「ジョーダン ブランド」が「NBAオールスター2019」のユニホームを発表 91年のモデルにオマージュ

 ナイキ(NIKE)の「ジョーダン ブランド(JORDAN BRAND)」は、ノースカロライナ州シャーロットで2月17日(現地時間)に開催される「NBAオールスターゲーム2019」のユニホームを発表した。

 デザインは、「NBAオールスターゲーム1991」のユニホームを参考にした。赤、白、青を基調にし、ショーツのウエストとサイドに91年風のロゴをあしらい、蜂の巣を思わせるパターンを組み込んだNBAのスターロゴや、シャーロットの別名である“クイーンシティ”にちなんだ王冠のモチーフなども加えた。

 航空史と密接なつながりがあるノースカロライナ州にちなみ、ユニホームに施すプレーヤー名や番号などにはミリタリー調のフォントを使用。チームロゴやプレーヤー名などの色は昨年のユニホームを踏襲し黒で統一した。

 価格は1万2000円で、ナイキの公式オンラインストアおよび、一部専門店で販売中。また、リザーブプレーヤー用のジャージー(1万2000円)を2月1日から順次発売している。

 ディヴィッド・クリーチ(David Creech)「ジョーダン ブランド」デザイン・バイス・プレジデントは「シャーロットで開催されるということで、街の豊かな歴史と、ブランドとのたくさんの接点に目を向けた。1991年のゲームもインスピレーションに取り入れ、すっきりとした黒と白のデザインに仕上げた」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら