ファッション

バレンタイン商戦真っ只中 2019年は本命より自分用チョコが人気

 2月14日のバレンタインデーに向けた商戦が始まった。多くの百貨店では特設売り場が設けられているが、今年はイートイン拡大や、男性や子どもも楽しめるコーナーが目立つ。また、メイン購入者の女性はここ数年、自分へのご褒美として高級チョコレートやコスメを購入する傾向があり、女性向け仕様の限定商品などで差別化を図るブランドが多い。

 マーケティングリサーチ企業の「マイクロミル」が働く男女1000人を対象にした調査によると、バレンタインチョコの購入を予定している女性は78%で昨年より7ポイント減、一方で男性は25%で昨年より微増しているという。また、平均購入予算では、昨年に比べ287円ダウンの3400円だったが、男女別でみると女性の平均予算が減少しているのに対し、男性の平均予算はやや増加していた。今、働く男性の約4人に1人がバレンタイデーに向けてチョコレートを購入しており、バレンタインデーの楽しみ方も多様化していることが分かった。

 そこで、バレンタインギフトにおすすめのアイテムや限定チョコ、日本初上陸スイーツ、さらにはバレンタインデーを盛り上げるイベントなどを紹介する。

【バレンタイン催事】

【バレンタインギフト提案】

【バレンタイン限定コスメ】

【バレンタイン特別チョコレート】

【バレンタイン限定メニュー】

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。