ファッション

ナイキがMLBとサプライヤー契約を締結 北米4大スポーツのうち3つ目

 ナイキ(NIKE)は、米メジャーリーグベースボール(MLB)と2020年から10シーズンにわたりサプライヤー契約を締結したことを発表した。05年からサプライヤーだった米スポーツメーカーのマジェスティック・アスレティック(Majestic Athletic)の業務を引き継ぐ。

 ナイキはすでに500人以上のMLBおよびマイナーリーグの選手と個別にスポンサー契約を結んでいるものの、これによりMLB30球団に所属する全ての選手にユニホームやトレーニングウエアなどを提供することになる。

 トム・ぺディー(Tom Peddie)=ナイキ北アメリカ代表兼総支配人は「私たちはMLBと提携し、アメリカだけでなく世界中で野球を発展させることを楽しみにしている」とコメントした。

 なおナイキはMLBの他、バスケットボールのNBAとアメリカンフットボールのNFLともサプライヤー契約を締結していることから、アイスホッケーのNHLを除く北米4大プロスポーツのうちの3つのプロリーグで公式サプライヤーを務めることになった。また先日、英フットボールーリーグのプレミアリーグとも25年までサプライヤー契約を延長することを発表しており、スポーツメーカーによる熾烈なサプライヤー争いで一頭地を抜く存在となっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら