ファッション

大坂なおみが全豪オープンの撮影会で着た「クシュニー」とは?

 テニスの4大大会である全豪オープンの女子シングルスで、日本人初の優勝を果たした大坂なおみ(21)は、メルボルン・ブライトンビーチで行ったフォトセッションで、ニューヨーク発のファッションブランド「クシュニー(CUSHNIE)」のドレスを着用した。大坂は「クシュニー」2018年プレ・フォール・コレクションからマルチカラーのペイント柄のタイトワンピースをチョイス。耳元には大振りの花をモチーフにしたゴールドのフープピアスを合わせた。

 「クシュニー」は08年にカーリー・クシュニー(Carly Cushnie)とミシェル・オクス(Michelle Ochs)がスタートし、ニューヨーク・ファッション・ウイークで発表を続けているファッションブランド。ミシェル・オバマ(Michelle Obama)やビヨンセ(Beyonce)、ジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)ら著名人が着用していることでも知られ、クリーンでミニマルなデザインと女性らしいシルエットに定評がある。昨年2月にオクスが退任したことを機に19年春夏からブランド名を「クシュニー エ オクス(CUSHNIE ET OCHS)」から「クシュニー」に改称している。

 大坂は昨年9月の全米オープンの優勝後のフォトセッションで日本の「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」による白いドレスを着用したことや、昨年6月のウィンブルドン選手権でのパーティーで「サカイ(SACAI)」のドレスを着て出席したことで話題になった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら