ビジネス

資生堂のブランドアンバサダーに大坂なおみが就任

 資生堂は11月20日、世界4大大会女子シングルスで日本人初優勝を飾ったプロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手との化粧品カテゴリーでブランドアンバサダーとしてグローバル契約を結んだ。第1弾としてサンケアブランド「アネッサ(ANESSA)」とミネラルコスメブランド「ベアミネラル(BAREMINERALS)」のブランドアンバサダーとして各商品の魅力をアピールしていく。

 同社は“世界で勝てる日本発のグローバルビューティカンパニー”の実現に向け、グローバル経営を強化している。「大坂選手は日本で生まれ世界で活躍している。資生堂も日本の価値観を持って世界に向けてチャレンジしている」(魚谷雅彦・資生堂社長兼CEO)ことから、世界を目指す姿勢が合致し今回の契約となった。

 20日に行われた会見に登場した大坂なおみ選手は資生堂が制作したゴールドのドレスと「ベアミネラル」のメイクで登場。「ゴールドは大好きな色。『アネッサ』のパッケージもゴールドで嬉しい。練習時は5時間近く日光を浴びているので紫外線対策は大切」と述べた。さらに「ファッションもメイクも大好き。ただ、メイクは勉強中」とはにかみながら語った。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら