ファッション

ZOZOが日本初開催の米ゴルフツアーの冠に 前澤社長「ファッショナブルでテクノロジーを使った大会に」

 米ゴルフツアーのPGAは20日、日本初開催となるPGAレギュラーツアー新トーナメントの記者会見を都内で開いた。新トーナメントは PGAと日本ゴルフツアー機構(JGTO)の共催で、ZOZOが6年間のメーンスポンサー契約をしており、「ゾゾ チャンピオンシップ(ZOZO CHAMPIONSHIP)」として開かれる。初開催は2019年10月24〜27日に、ZOZOの本社がある千葉県のアコーディアゴルフ習志野カントリークラブで行う。

 会見には前澤友作ZOZO社長が登壇。ZOZOが会社として開催する意図として「今年プライベートブランド『ゾゾ』をスタートしたが、個人にフィッティングしていくところはゴルフギアにも通じる。世界で『ゾゾ』の認知拡大につなげたい。また野球のZOZOマリンスタジアムのネーミングライツなど、これまでもさまざまなスポーツをサポートしてきた。応援できることはどんどんしていきたい」とコメント。「PGAツアーでファッション関係のスポンサーはあまりいないと聞いたので、ファッショナブルで華やかな、テクノロジーを使った大会にしたい」と意気込みを語った。

 また、一個人としてもゴルフ好きだと語り、「プレイヤーとしても観戦者としてもゴルフに魅了されている。腕前は良かった時はハンディキャップは5くらい。海外のツアー観戦にも出かけていて、2010年のマスターズ(米ツアーの4大大会)も見にいった」と当時の状況まで詳しく熱弁。「まだ人がやったことがないことをやりたいと常々思っているので、これだ!と」と今回のスポンサー契約に至ったと語る。

 PGAツアーで活躍する松山英樹選手も「日本開催はまだかな、と期待していた。PGAの出場資格を狙いたい」と期待を口にした。また、タイガー・ウッズは出るのかという質問に対しクリスチャン・ハーディー(Christian Hardy)PGAツアー バイスプレジデントは「松山選手がいろんな選手に出場するよう声をかけてくれるだろう」と笑顔。さらに前澤社長に「PGAツアーの選手は月に連れて行く?」と質問が及ぶと「まだ決めていないです」と笑った。

 新トーナメントの賞金総額は975万ドル(約11億円)、日本で行われるトーナメントとしては最高額となる。なお、今季の日本ゴルフツアーの最高賞金額は2億3000万円。PGAツアーの有資格者に加え、JGTOから10人に出場資格が与えられる。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら