ファッション

プラダCEOの息子がリシュモン傘下の腕時計で登場 「パネライ」がプラダ所有のヨットチームをスポンサー支援

 コンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHMONT以下、リシュモン)傘下でイタリア・フィレンツェ発祥の高級機械式時計ブランド「オフィチーネ パネライ(OFFICINE PANERAI以下、パネライ)」は、プラダ(PRADA)が所有するヨットチーム、ルナロッサ(LUNA ROSSA)へのスポンサーシップ契約の締結を発表した。契約に際しては、「パネライ」のジャンマルク・ポントルエ(Jean-Marc Pontroue)最高経営責任者(CEO)と、プラダのパトリツィオ・ベルテッリ(Patrizio Bertelli)CEOがサインを交換。14日に開幕した国際高級時計見本市、SIHH(SALON INTERNATIONAL DE LA HAUTE HORLOGERIE、通称ジュネーブ・サロン)で開いた会見には、ポントルエCEOと、パトリツィオCEOの子息、ロレンツォ・ベルテッリ(Lorenzo Bertelli)が登壇した。リシュモンとプラダという、2つのライバル企業の意外な形のコラボレーションだ。リシュモン主導のSIHHの会見の場に、「プラダ」のロゴ入りヨットのミニチュアが飾られた。

 「パネライ」は、ルナロッサのために時計を製作した。“ルナロッサ チャレンジャー サブマーシブル”は47mm径で300m防水の時計。カーボンファイバー製で軽く、衝撃にも強い。カーボンの黒がスポーティーかつモードなムードを醸し出す。ケースバックにはルナロッサを刻んだが、ここには「プラダ」のロゴはない。

 ルナロッサのチームは、この時計を身につけて19年10月に予選が始まり21年に本選を迎えるアメリカズカップに参戦する。「パネライ」はこれまで、アメリカズカップに参戦したアメリカ、日本のヨットをサポートしたことはあるが、ブランドの本拠地でもあるイタリアのチームをサポートするのは初めてだ。

 ポントルエCEOは会見で、「『パネライ』は、セーリングに通じる商品たくさん有している。アメリカ、日本のみならず、イタリアはもちろん大事な国。3年間のタッグを楽しみたい。同様にルナロッサを支援するプラダと(タイヤメーカーの)ピレリ(PIRELLI)とは情報交換を密にしている。これまではあり得なかったものだ」とコメント。ルナロッサのマックス・シレナ(Max Sirena)=スキッパー兼チーム・ディレクターも「2つのブランドにとっても、素晴らしい経験になると思う」と話した。

 ルナロッサのほか、アメリカズカップのスポンサー務める「プラダ」は、優勝チームに贈られる「プラダカップ」も制作している。登壇したロレンツォは、グループ内でデジタル・コミュニケーションの要職を担っている、ベルテッリCEOの後継候補だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら