ニュース

ダンヒル ジャパンの新CEOに現「パネライ」CEO

 リシュモン ジャパン傘下のダンヒル ジャパンはヨルグ・アウワンハマー(Jorg Auernhammer)最高経営責任者(CEO)に代わり、伊知地徹オフィチーネ パネライ リージョナルブランド現CEOを指名した。2017年3月1日付で就任する。伊知地新CEOは00年、ヴァンドーム ジャパン(現リシュモン ジャパン)に入社。現在までの16年間にわたり、日本国内「パネライ(PANERAI)」のホールセールとリテールネットワークに従事。今後は、1月30日付で英国本社のCEOに就任したアンドリュー・マアグ(Andrew Maag)と共に「ダンヒル(DUNHILL)」のさらなる発展を目指す。

 また、伊知地「パネライ」現CEOの後任には、ニコラ・セナー(Nicolas Scenner)現マーケティング・マネジャーが就任する。セナー新CEOは、高級酒を扱うリレコ、WIVグループでマーケティングとしてキャリアを積んだ後、16年6月にリシュモン ジャパンに入社。現在まで「パネライ」マーケティング・マネジャーを務めてきた。

【関連記事】
■オンワード樫山の馬場社長が退任し、HDの副社長に
■H&Mジャパン新社長が成熟した日本市場で飛躍に導く
■ショップチャンネル次期社長に住商の田中執行役員

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら