ニュース

オンワード樫山の馬場社長が退任し、HDの副社長に

 オンワードホールディングス(以下、オンワードHD)は、2月28日付で中核子会社のオンワード樫山の馬場昭典・社長(49)が退任し、大澤道雄・取締役兼専務執行役員(61)が次期社長に就任するトップ人事を発表した。馬場社長は3月1日付でオンワードHDの副社長次世代事業開発担当に就き、これまでの知見を活かしてグループ全体の新規事業の指揮を執る。また、廣内武オンワードHD会長は、2月28日付で兼任するオンワード樫山会長を退任する。

 馬場社長は2011年に43歳の若さでオンワード樫山の社長に就任。主要販路である百貨店向けブランドのMD改革の指揮を執ってきた。大澤次期社長はオンワードHD専務執行役員、オンワード樫山取締役専務執行役員、オンワード商事会長などを兼任しており、主に生産部門を束ねてきた。

【関連記事】
■オンワードがEC事業拡大へ
■オンワードが大阪支店の土地・建物を85億円で売却
■オンワードが銀座3丁目の土地を135億円で売却
■オンワードHDも大規模なブランド整理へ 3年内にリアル店舗220億円の減収見込む

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら