ファッション

「リーバイス」“501”から初のスキニーが登場

 「リーバイス(LEVI'S)」は2月24日、アイコンロットである“501”をスキニーシルエットにした“501スキニー”を発売する。メンズ2型、ウィメンズ3型をそろえ、価格は1万2000~1万3000円。今回のためにコーンミルズ社とオリジナルのストレッチデニム生地を開発し、“501”の股上の深さやボタンフライなどのディテールを残した一本に仕上げた。2月10日から公式ECサイトと「ゾゾタウン」で先行予約を開始する他、2月20~27日の期間は「WEAR」でコーディネートコンテストを実施。コンテストに勝利すると「リーバイス」公認ユーザーとして活動できる権利が与えられる他、5月に開催するイベント「バースデー オブ ブルージーン」に参加できる。

 ジョナサン・チャン「リーバイス」ヘッドデザインは「人々がビンテージの“501”を細くカスタムして愛用していることからインスピレーションを得て、ビンテージテイストのスキニージーンズを開発した。古くからのファンだけでなく、トレンドに敏感な層にも満足してもらえるものになったと思う」と話している。なお同社は2015年に“501”をテーパードシルエットにした“501CT”を発表し、昨年には“505”を細身にアップデートした“505C”を発表している。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら