ファッション

暖冬、雪不足でも「ゴールドウイン」が売り上げ伸ばす

 出足の遅かった冬将軍の影響で、12月中旬まで各地のスキー場が雪不足に悩まされる中、スキーをメーンカテゴリーとする「ゴールドウイン(GOLDWIN)」が健闘している。新井元・執行役員兼「ゴールドウイン」事業部長は、「スキー市場は決してよくないが、『ゴールドウイン』は若干ながらも売り上げを伸ばすことができている。店頭での売り上げシェアは2~3割増、高いところで4~5割増だ」と述べた。

 要因については、「ファッション性が支持されている。私も可能な限り店頭で接客するが、お客さまの声でそれを感じる」と話す。同ブランドが6~7月に専門店で行った受注会(早期商戦)も売り上げは3~4割増だった。「早期商戦の場合、前年の流れをくむ部分がある」と冷静に分析しながらも、「高額アイテムに対する個人客のリアクションがよかった。スキーにとっては欠かせない競技需要も伸びた」と振り返る。

 11月8日に「丸の内二重橋ビル」の商業ゾーン「二重橋スクエア」にオープンしたゴールドウイン 丸の内も、「当初の売り上げ計画を大幅に超える数字を出している」という。同店でのスキーカテゴリーの割合は7~8%だが、丸の内に勤務するビジネスマンや土日に丸の内を訪れる層に10万円前後のアウターが売れている。

 丸の内に先駆けて、9月末に札幌のザ・ノース・フェイス+ サッポロファクトリー店を拡張して新設した「ゴールドウイン」コーナーも順調だ。「約72平方メートルほどのスペースだが、売り上げの3割をスキーが占める。11月の売り上げは、全国の『ゴールドウイン』の中でトップランクを記録した」。国内最大級の売り場面積を持つ「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」や、同施設内にオープンした同じくゴールドウイン傘下の「ウールリッチ(WOOLRICH)」と並んで好成績を達成できており、「自信になっている」という。最後に「12月中旬までの雪不足はボディーブローのように影響してくるだろうが、好調を維持したい」と結んだ。

 「ゴールドウイン」の2019年秋冬スキーコレクションは、高い機能性を持った高額アイテムを拡充する。アイテム数もウィメンズとアクセサリーを増やし、全体で15%増とし、幅広い層にアピールする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。