ビジネス

資生堂の約40人のアーティストが手掛ける「プレイリスト」が年内で販売終了

 資生堂は、世界で活躍する同社所属の約40人のヘア&メイクアップアーティストが監修するメイクアップブランド「プレイリスト(PLAYLIST)」を12月末で販売を終了する。

 同ブランドは、世界のコレクションのバックステージでサポートを行い、求められるスピード感と高い技術力が評価を得ているヘア&メイクアップアーティストの経験を生かして2016年9月にデビュー。肌にグロスを塗布する感覚で使用する“化粧上地”やアイライナーとマスカラが一体化した商品などプロのテクニックが自宅で再現できるアイテムを展開してきた。

 販売チャネルはターゲット層がアプローチしやすい、資生堂の公式eコマース「ワタシ プラス(watashi+)」とネット通販サイト「ロハコ(LOHACO)」「アマゾン(AMAZON)」などを中心として、店舗は「シセイドウ ザ ストア(SHISEIDO THE STORE)」で販売していた。

 同社によると、ヘア&メイクアップアーティスト発のブランドで、主力販路をeコマースとするなど、新たな試みをするブランドとして誕生したが、顧客とのコミュニケーションなどの知見を蓄積できたことから、役割を終えるという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら