ファッション

資生堂のウェブ動画が国際広告賞のグランプリ テーマは“勇気に変わるメイクの力”

 資生堂のウェブ動画「The Party Bus」が11月15日にオランダ・アムステルダムで開催された「エピカアワード 2018(Epica Awards 2018)」のヘルス&ビューティ部門、ディレクション&シネマトグラフィー部門の2部門で金賞を受賞した。さらに、全部門の金賞受賞作品の中から選ばれる「フィルム・グランプリ」に輝いた。「フィルム・グランプリ」の受賞は2015年に公開した前作「HighSchoolGirl? メーク女子高生のヒミツ」に続き2作品連続となる。

 同フィルムのテーマは“勇気に変わるメイクの力”。メイクアップによって自分のなりたい美しさを手に入れ、勇気を出して行動するというストーリーを日本の緻密な3Dアニメーション技術を取り入れて表現した。LGBTの内容も含んでおり、同性カップルでも適用される人事制度の改革、LGBTの祭典「レインボープライド」への毎年の協賛など、多様性に向き合う同社の姿勢も表している。10月15日にユーチューブで公開し、1カ月で750万回を超える再生回数を記録した。

 1987年に創設された「エピカアワード」はフランスに事務局を置き、世界の広告業界誌のジャーナリストが評価する国際的な広告賞。18年は69カ国、4020作品から審査を行った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら